· 

未就園児教室

6月11日 今日のばななグループの教室は前回強風の為行うことのできなかった砂場あそびを行いました。梅雨入り後ということもあり、雨が心配されましたが、日差しも時折降り注ぎ、「暑すぎずよかったです」との声も聞かれました。子どもたちはそれぞれがお気に入りの道具を見つけて砂を様々な型や四角いバケツいっぱいにつめて、ケーキなどを作っていました。たくさんのケーキが出来上がるとお店屋さんになる子、お客さんになる子も出てきて、子ども同士の関わりも見られました。お互いのやりとりもとても微笑ましく感じられました。砂場あそびは子どもたちの成長にとってプラスになることばかりです。砂を握ったり、つぶしたり、固めたり、砂の感触を楽しみ、徐々に近くのお友だちの真似をしたり、一緒に作る(共同作業)ようになったり、物の貸し借りも覚えます。あそびながら想像力や創造性、社会性も養われるのです。是非また皆であそべる機会を作っていきたいと考えています。次回もお楽しみに!待っています。