2018年11月2日

秋の豊かな自然の中で心も豊かになるように時間を大切に過ごしていきたいものですね。

6月下旬よりはじめてまいりました小物作りもお母様一人ひとりが回を重ねるうちに時間を上手に使い、制作を進めて完成作品も増えてきました。

ところで最近通園バックを作りはじめたお母様がミシンで縫い始めてすぐに出た言葉が「ミシン、超おもしろい!」とニコニコしながら。私も思わず「えー、本当にそれは良かった…」この感動した気持ちや手作りの楽しさをもっともっと広めていきたいと考えます。

今は”子育て”が大変でとても手作りは無理かもと言う方が多いと思いますが、幼稚園で制作に取り組まれている時間を大切にしてください。そしてお子さんの入園準備の為に必要な小物作りをしてよかった…と実感される時間があると思います。やはり我が子には素敵なものを作ってあげたい…親心ですね。これからも楽しみながら”ママの可愛いオリジナル”作品を作っていきましょう。

2018年10月5日

今回の作品は、アップリケを付けたり、刺繍をしたり、布の切り替えをしたりと手作りらしさがひかる素敵なデザインです。中にはバックチャーム(名前入り)をフェルトで上手に作り通園バックに付けて…子ども達にとってはそのバックチャームが自分のマーク・目印にもなります。別の方は、お子さんの大好きなおいしそうで可愛らしいイチゴを付けて、にこにこ。星の模様の生地を使ってブルー系でまとめ、お子さんのお気に入りになったり。短期間で頑張り、水筒ケース、ランチョンマット、お弁当入れ、うわばき入れと完成しました。お母さんの思いが込められた作品を手にした時の子どもさんの喜ぶ笑顔が目に浮かびます。

2018年9月21日(金)

爽やかな風に秋の訪れを感じます。二学期が始まってからまもなく通園バックの制作に取りかかり頑張っているお母様が数名おります。中には赤ちゃんをおんぶして布を裁断したり、ミシンをかけたりと大奮闘中です。

お忙しいお母様には優しく少しずつ手伝いをさせて頂き、応援していきたいと思います。

制作を進めていきますと、布選びなど同系色をテーマにして柄や配色を考えたり、布の切り替えを入れたり、アップリケをつけたり、レースを添えたりと次第に個性が発揮されています。きっとお子さんのお気に入りの作品に仕上がる事でしょう。とても楽しみです。

2018年9月11日(火)

夏休みを終え、二学期がスタートしました。幼稚園内では、子ども達が運動会へ向けての取り組みに一生懸命です。

小物作りの方も通園バック・上履き入れ・コップ入れ・お弁当入れ袋と制作も順調に進んでおります。一時間に満たない制作時間を有効に使い、それぞれお子様の為に気持ちを込めて熱心に取り組み、頑張っています。今からでも興味・関心のある方はご一緒に制作を楽しんでみませんか?ご参加をお待ちしております。

2018年7月13日

 今日は二名のお母様がコップ入れを完成しました。『大成功!』の言葉がお母様の口から発せられた瞬間にお子さんもにっこり。ほのぼのとした光景でした。世界で一つの手作り、素敵ですね。

 布を用意してコップ入れを縫い始めたお母様はかかり縫い(布のしまつ)を一生懸命曲がらない様に頑張っていました。その姿をお子さんが脇でジーっと見ていました。完成するのが楽しみですね。

 

2018年7月12日

 通園バックと上履き入れの制作です。お子さんの希望を聞きながら、大好きなイチゴのアップリケを手作りしたり、海の中をイメージしながら飾りをつけたり、完成も近づいてきました。出来上がりが楽しみです。コップ入れはお母様がお子さんの為に一生懸命制作に取り組み、お子さんはとても嬉しそうに手にしていました。これからも皆さんと楽しく活動していきたいと思っています。

2018年7月10日

限られた時間を有効に使い、ミシンの使い方からはじめ、最後にはコップ入れの袋が完成しました。皆さん丁寧にそして慎重に取り組んでいました。これからも楽しく制作活動ができる雰囲気作りに気を配り、多くの方が手作り小物制作を楽しんで頂ければと思います。

2018年7月5日

「学生時以来、久しぶりにミシンに触れます」とおっしゃる方も今日はコップ入れの制作に取り組んでいただきました。

手作りのコップ入れを受け取ったお子さんが喜ぶのはもちろん、お母様方もそんな子どもたちの姿を見て笑顔になっていたのが印象的でした。興味のある方は是非、参加してくださいね。

2018年7月3日

 お母様がご自分で用意された生地を使ってコップ入れとランチョンマットを作りました。短時間でも上手に出来上がりました。

出来上がったコップ入れをお子さんがとても嬉しそうに持ち帰っていました。